セミナーの最近のブログ記事

会場の田町にある笹川記念会館に行ってきました。

最初に第2回シストレコンテストの表彰式。
指数先物部門から4名、FX部門から1名が表彰。
今回は、応募者数などについては発表されませんでした。

その後は、講演ですが、今回は手法についてのセミナーというより、新商品、新サービスのPRがメイン。

第3回シストレコンテストの告知がありました。
応募受付開始。
コンテスト対象期間は、10月~12月の3ヶ月とのこと。



本郷氏のセミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
エイチ・エス・フューチャーズ主催のセミナーに行ってきました。

  • 本郷喜千が語る『初心者でも分かるシステムトレード!』 
配布資料の中で、海外テレビドラマ「Numb3rs ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル~」が紹介されていた。

▼Numb3rs オープニング


最近ツタヤで、シーズン1がレンタル開始になった。シーズン2も近日中にレンタル開始になるとのハリガミがあった。

気になるエピソードと、トピックは次のもの。

  • 第1シーズン第8話 「えん罪の可能性」(ポーカー)
  • 第1シーズン第13話 「脱走犯の追跡」(モンティ・ホール問題)
  • 第2シーズン第13話 「賭けの代償」(ブラックジャック)

モンティ・ホール問題は、「新マーケットの魔術師」でも紹介されていた「確率のパズル」だ。
(オプション・トレーダーのジェフ・ヤスとのインタビュー)

直感に反するところが面白い。数学者でも、間違えてしまう人が多いそうだ。


「モンティ・ホール問題」はこんな感じ・・・

  1. 3つのドアがあり、1つのドアの向こうには新車(アタリ)が。残りの2つのドアの向こうにはヤギ(ハズレ)がいる
  2. 司会者は、どのドアが当たりのドアか知っている
  3. 回答者はドアを1つ選ぶ
  4. 当たりのドアを選ぶと、新車が貰える
  5. 司会者は、回答者が選ばなかったドアのうちから1つのドアを開け、そこにヤギがいることを見せる。
  6. 回答者は、ドアを選ぶチャンスをもう1度与えられる
ここで、回答者はどうするべきか?というのが問題

  1. 最初に選んだドアを選んだ方が、当たりの確率が高い
  2. もう1つのドアを選んだ方が、当たりの確率が高い
  3. どちらを選んでも、当たりの確率は同じ


YouTubeに解説したビデオがあった。

▼The Monty Hall Problem


なんと、Numb3rs でモンティ・ホール問題が登場するシーンまで!




昨年封切られた洋画「ラスベガスをぶっつぶせ!」(原題:21)では、主人公が数学の天才青年で、その能力を利用して、ブラックジャックを攻略するというもの。
MITでの数学の講義のシーンで、モンティ・ホール問題が登場した。



なお、テレビドラマ「Numb3rs」の数学的背景についての解説書が翻訳されている





炭谷氏のセミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
某商品取引業者主催の炭谷氏のセミナーに行ってきました。

 USSひまわりグループ主催「1000%の男が語る 全金融商品対応型システムトレード」

東京メトロ日比谷線の人形町で下車。会場の東京穀物商品取引所へ。

炭谷氏は、リアルマネーのコンテストで活躍された方。

ロビンスタイコム・チャンピオンシップ
http://www.trade-pro.jp/cx/championship/history/index.html

前にフェアリー氏のセミナーに参加したときもそうだったが、炭谷氏も「損切り」の重要性を強調しておられた。
氏は相場歴が長いとのこと。
話す内容も体験の裏付があり、非常に説得力のある講演内容でした。


逆張り的なテクニックの話を聞けたのが収穫です。

それにしても

  • 225のシステムトレード
  • FX
  • オプション
  • 商品取引
と、このところいくつかのセミナーに参加する機会があったが、それぞれのセミナーの参加者は雰囲気が違うのに驚かされた。







エイチ・エス・フューチャーズ主催
恵比寿のパソコン教室で、出席者は約20名。

実際にシステムを触りながらのセミナーだったので、非常に役立ちました。
ちょっとした疑問点が浮かんだ場合、その場で質問も出来るので、助かりました。

メールを使ったアラートは、システムが正常に作動しているかにも使えそうです。
最近プロバイダではスパムメール対策で、メールを送信する時に認証が必要な場合がある。
メールが送信できることを検証する必要がある。

6月14日(日)に新宿NSビルで開催されたセミナーに行ってきました。

主催:岡三オンライン証券株式会社・ パンローリング株式会社
協力:大阪証券取引所
第一部 日経225先物デイトレード戦略
講師/岩本祐介
第二部 相場観には頼らない 日経225オプション取引
講師/増田丞美

第一部と二部の間に、岡三オンライン証券のサービス紹介。

オプション関係のセミナーに参加するのは初めて。
休憩時間に、参加者のうち、マニアっぽい数人がオプションの戦略について熱く語っていたのが新鮮でした。



中山和彦さんのセミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)
5月30日に新宿で行われた中山和彦さんのセミナーに行ってきました。

最新システム売買ツール『MultiCharts』の魅力に迫る!
主催:エイチ・エス・フューチャーズ
講師:会社スイングウェバー 代表取締役社長 中山和彦

MultiChartsは、TradeStationの互換ソフト。

▼開発会社

▼Elite Traderでの評価はこんな感じ。

講師の中山さんは、TradeStationの伝道者としてかなり以前から活躍されている方。

参加者からの質問にも、的確に回答され、知識の深さが感じられました。
非常に有益なセミナーでした。

主催のエイチ・エス・フューチャーズは、澤田ホールディングス傘下の商品取引会社。

澤田ホールディングス

グループ内には、外為や証券会社もあるので、将来的にはMultiChartsで、株式やFXもトレードできる可能性があるとのこと。

1000%の男のセミナー

| コメント(0) | トラックバック(0)

某商品取引業者主催のフェアリー氏のセミナーに行ってきました。

 

フェアリー氏は、リアルマネーのコンテスト(期間は半年~1年)で、複数回の優勝経験があります。

しかも成績が安定している。

 

  • ロビンスタイコム・チャンピオンシップ

http://www.trade-pro.jp/cx/championship/history/index.html

第1回~第9回のうち、3大会で優勝。

 

前々から不思議でしたが、謎の幾つかは、解けた気もします。

フェアリー氏が重視しているのは

  1. 仕掛ける前に損切ポイントを決める
  2. リスク管理

 

仕掛けは思ったよりシンプルでした。

  1. 日計りは、逆張り(レンジトレード)
  2. スイングは、順張り

「フェアリー氏の手法は、裁量かシステムか?」という質問で、

「システムには組みにくい」答えられたけど、ある程度まではシステム化できるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

投資戦略セミナー2009

| コメント(0) | トラックバック(0)
1/24(土)にパンローリング主催の「投資戦略セミナー2009」に行ってきました。

講演者は下記のメンバー。

  • 鈴木一之(株)
  • 松田哲(為替)
  • 中原圭介(経済)
  • 斉藤正章(シストレ)
  • 岩本祐介(シストレ)
  • ジョー・ディナポリ(フィボナッチ)
会場で、協賛会社のブースをウロウロして発見したことは、

  • 今後、複数業者がCFDに力を入れる模様
  • WVIから、ラリーロボットが発売予定
  • ひまわり証券トレードシグナルがFX対応に

アイテム

  • pic3.JPG
  • pic2.JPG
  • pic1.JPG
  • NT_Chart20090313.JPG
  • NT_Log20090313.JPG
  • Handbook-of- Sports-and- Lottery- Markets.jpg
  • Efficiency-of-Racetrack-Betting-Markets.jpg
  • logo.JPG
  • web_api.JPG

タグクラウド