定番の最近のブログ記事

マーケットの魔術師

| コメント(0) | トラックバック(0)
シュワッガーによる著名トレーダーへのインタビュー集です。

インタビューの中で、複数のトレーダーにどんな本を読めばいいか質問していますが、今ではこの「マーケットの魔術師」自身が必読書となっています。

日本では1992年に日経新聞社から出版され、その後絶版に。

2001年にパンローリングから新しく出版されました。

目次

マイケル・マーカス (害虫被害は二度起こらなかった)

ブルース・コフナー (国際派トレーダー)

リチャード・デニス (伝説の引退者)

ポール・チューダー・ジョーンズ (攻撃的なトレードの芸術)

ゲーリー・ビールフェルド (そうさ、彼はピオリアに住みながらトレードしているんだ)

エド・スィコータ (皆欲しい物を手に入れる)

ラリー・ハイト (リスクをにらんで)

マイケル・スタインハルト (特異な洞察力)

ウイリアム・オニール (芸術的な銘柄選択)

デビット・ライアン (宝捜しのような株式投資)

マーティン・シュワルツ (チャンピオン・トレーダー

ジェームス・B・ロジャース Jr. (割安を買ってヒステリーを売る)

マーク・ワインスタイン (高勝率のトレーダー)

ブライアン・ゲルバー (トレーダーになったブローカー)

トム・ボールドウィン (恐れを知らぬピット・トレーダー)

トニー・サリバ ("一枚野郎"の大勝利)

Dr.ヴァン・K・タープ (トレードの心理学)

 

題名:マーケットの魔術師
原題:Market Wizards: Interviews With Top Traders
著者:ジャック・D・シュワッガー
出版社:パンローリング
発売日:2001年8月発売
価格:2940円 (税込) 

マネーマスターズ列伝

| コメント(0) | トラックバック(0)
同じ出版社から出ていた「ファンド・マネージャー」と「新ファンド・マネージャー」を1冊にまとめたもの。まとめるにあたって、何人かの投資家が漏れたのはチョッと残念。通して読むことで、1929年の大恐慌から現代までのマーケットの歴史を知ることもできます。

目次

日本の読者へ
はじめに
1 T・ロウ・プライス - ミスター成長株 
2 ウォーレン・バフェット - 企業のパーシャル・オーナー
3 ジョン・テンプルトン - 成長株グローバル投資のパイオニア
4 リチャード・レインウォーター - 環境変化を先取り
5 ポール・キャボット - 事実に立ち向かう
6 フィリップ・フィッシャー - ハイテク株を超長期投資
7 ベンジャミン・グレアム - 数量化に徹す
8 マーク・ライトバウン - 足で稼いだ新興国投資
9 ジョン・ネフ - 計画的バーゲンハンター
10 ジュリアン・ロバートソン - バリュー株投資の女王バチ
11 ジム・ロジャース - クールな出稼ぎ人
12 ジョージ・ソロス - マクロゲームに賭ける
13 フィリップ・キャレー - 小型株ひとすじ
14 マイケル・スタインハート - 戦略的トレーダー
15 ラルフ・ワンガー - シマウマに倣う
16 ロバート・ウィルソン - ロープなしの軽業師
17 ピーター・リンチ - 容赦ない株ハンター
18 マネーマスターズから学ぶ投資戦略
エピローグ----ミダス王を越えて

巻末付録 1金融経済学における「非線形思考」の概観 - 抜粋
巻末付録 2『フィデリティ - 史上最強の投信王国』書評
訳者あとがき


原題:The Money Masters of Our Time
著者:ジョン・トレイン
出版社:日本経済新聞出版社
発売日:2001年11月
価格:2520円 (税込)


アイテム

  • pic3.JPG
  • pic2.JPG
  • pic1.JPG
  • NT_Chart20090313.JPG
  • NT_Log20090313.JPG
  • Handbook-of- Sports-and- Lottery- Markets.jpg
  • Efficiency-of-Racetrack-Betting-Markets.jpg
  • logo.JPG
  • web_api.JPG

タグクラウド