チェスの最近のブログ記事

「The Perfect Bet: How Science and Math Are Taking the Luck Out of Gambling 」の翻訳版「完全無欠の賭け: 科学がギャンブルを征服する」が書店に並んでいたので、さっそく買い求めました。
内容以外には、以下のような点に、気がつきました。
まず、不満を感じた点。

  • 索引がないのは、勿体ない
  • 原注がない(草思社のウェッブサイトからPDFをダウンロードするようになっている)
  • 章題を、原文を翻訳したものではなく、翻訳者(編集者?)が内容を要約した、独自の章題にしている。例を挙げると、第3章の章題は、「ロスアラモスからモンテカルロへ」とでも訳すところが「競馬必勝法と水爆開発」。第8章は「カードカウンティングを超えて」が「ギャンブルの科学の新時代」など。他の章も同様。但し、これは好みが分かれるところだと思う。
次に、感心した点。

  • 章の1つ下のレベルの節ごとに、見出しが付けられている(原著には節の見出しはなかった)
  • 原著目次は章題だけだったが、日本語版目次には節の見出しが含まれていて、内容が把握しやすくなっている
  • 訳者あとがきで、日本の馬券裁判に触れている
日本語目次は下記のとおりです。
これを見て、興味を持たれた方もいるのではないでしょうか?

目次
  • 「ギャンブル必勝法」というものが持つ魅力
  • ギャンブル必勝法の研究が多くの科学を生んだ
  • ノーベル賞物理学者を驚かせたギャンブル必勝法
第1章 ルーレットは本当に予測不能か
  • ルーレットに確実な攻略法はあるか
  • ポアンカレの言う「三次の無知」とは何か
  • ルーレットは本当にランダムかを調べる
  • 予測可能なはずのものが予測不可能なものを生む
  • ルーレットの研究を始めた二人の天才
  • ルーレットの解明は秘密裏に進められた
  • ルーレット攻略のヒントを得た次世代研究者たち
  • 論文として発表されたルーレット攻略法
  • ルーレットを考える理論モデルの進化過程
第2章 宝くじの抜け穴につけ込む
  • 宝くじと実験と「制御されたランダム性」
  • 当たりくじを見つけ出す方法
  • 期待利益がプラスになる宝くじが存在する?
  • 宝くじ攻略の実際とその困難
  • 単純な「シラミ潰し」での宝くじ攻略
第3章 競馬必勝法と水爆開発
  • ブラックジャック必勝法誕生の経緯
  • ブラックジャック必勝法をカジノで実践する
  • 完全にシャッフルするのはじつは難しい
  • 競馬のベッティング市場は完全か
  • 競馬攻略の研究成果を発表した論文
  • 競馬予測モデルの作り方とはどのようなものか
  • 競馬予測研究の理想の地、香港
  • 競馬予測モデルをオッズを使って修正する
  • 香港での成功までの道のリ
  • 水爆を開発した数学者、ウラム
  • モンテカルロ法という解の探究法
  • より強力な、マルコフ連鎖モンテカルロ法の登場
  • 正しく予測できても儲けは賭け方次第
  • 科学的手法が競馬を金儲けの手段にした
第4章スポーツベッティングへの進出
  • 攻略法実践の場としてのオンラインカジノ
  • 試験問題から始まったサッカーの試合結果予測研究
  • サッカーの試合結果予測法の基本原理
  • スポーツベッティングに興味を抱く原子力研究所員
  • スポーツ統計学によるラスヴェガスヘの挑戦
  • 種目によリ予測のしやすさが異なる理由
  • 試合と同時進行で賭けられるブックメーカーの登場
  • 高額ベットを受けられるブックメーカーの秘訣
  • 新しい賭けの形式「ベッティングエクスチェンジ」
  • ベッティングエクスチェンジで「儲けの確定」
  • 科学的ベッティングはなぜ投資先として有望か
  • 科学的ベッティングをさらに改善するには
  • 選手の獲得や評価にも予測モデルが使われる
  • 本気で儲けるなら不人気種目に目をつけろ
第5章 ギャンブル市場をロボットが牛耳る?
  • 裁定取引=アービトラージとは何か
  • 全自動ベッティングで絶対負けない賭けをする
  • 誰にも知られず大口ベットをするためのポット
  • ベッティング市場を欠陥ボットが暴走
  • 金融市場にもあるボット取引の罠
  • ボット同士の相互作用が市場を狂わす
  • ボットたちが形成する生態系で市場は安定するか
  • 市場の生態系は規制で制御可能か
第6章 ゲーム理論でポーカー大会を制覇
  • 人間を打ち負かすポーカーボットの登場
  • 「やめたくてもやめられない」ナッシュ均衡とは何か
  • 「はったり」の重要さをゲーム理論で証明
  • ワールドシリーズオブポーカーのチャンピオン
  • ポーカーの最適戦略を研究し勝利した男
  • 最適戦略を求めるミニマックス問題
  • ゲーム理論の発明と拡張と実践
  • ポーカーボットに内在する意志決定規則の矛盾
  • 矛盾を回避できてもポットは強くなれない
  • ボット自身に戦略を学習させる「後悔最小化」
  • 予測に基づくボットが常勝できない理由
  • 最適戦略の探究とその実践での強さ
  • 複雑なゲームではゲーム理論は通用しない?
  • ゲームする機械の次の進化
第7章 ボットで人間に挑む
  • クイズに答えるコンピューター、ワトソン
  • ポーカーボットとチェスボットの課題の違い
  • チューリングの模倣ゲームと学習するコンピューター
  • 人工知能ポーカーマシンの原点
  • ニューラルネットワークに学習させるということ
  • 勝手に強くなって人間を驚かせるボットたち
  • 相手の弱みにつけ込むか、ゲーム理論に従うか
  • ポーカーでもコンピューターが人間を超えた?・
  • ゲームにおける「心理戦」の正体を探る
  • 人間のふりをしてポーカー・ウェブサイトに挑む
第8章 ギャンブルの科学の新時代
  • ポーカーの勝敗は運任せではないとする判例
  • 予測モデルの構築と因果関係の解明は別モノ
  • モデルが正しいとは限らない理由
  • ギャンブルの科学を教えるMITの講座
  • ギャンブルは科学者と科学を引きつけ続けている
  • 科学がギャンブルの常識と定石を覆した
謝辞
訳者あとがき

についての、今回も続きです。

「ザ・クオンツ」で、登場人物の一人が、オンラインポーカーのヘッジファンドを作ろうと考えたエピソードがありました。結局はあきらめたそうですが。
本書ではオンラインポーカーを自動でプレイするプログラム(bot、ロボット)を作った人のエピソードが出てきます。
運営者側はロボットが使われることを規制しようとします。
実際はかなりのロボットが稼働しているのではないか?と心配させられるような話でした。

マルコフ連鎖モンテカルロ法の歴史とギャンブルへの応用についても書かれています。
前にRのMCMCpackをいじったときに遭遇した「メトロポリス」というのは人の名前だったのかと、本書で知り、自分が不勉強なことを恥じ入った次第です。

以上、駆け足ではありますが、本書で印象が強かったことを、頭に思い浮かぶままに書き連ねました。
本書は読み物としても面白く、さらに、実際に自分でモデルを作りたい人は、本書で紹介された論文を手掛かりに、関連する他の論文を探すことができるでしょう。また、既にこの方面に詳しい人でも、知識の整理に役立つと思います。

なお、著者は数学的モデリングが専門で、大学で教鞭をとっているとのこと。

【著者( Adam Kucharski )ご尊顔】

英国の王立研究所での講演

Googleでの講演

についての記事の続きです。

目次を見ただけだと、何について書かれているかわからないと思います。
主として下記事項について、科学と数学がどのようにして攻略法を見出したかが紹介されています。

  • 競馬
  • ルーレット
  • 宝くじ
  • スポーツベッティング
    • アメリカンフットボール
    • サッカー
    • バスケットボール
    • 野球
  • カードゲーム
    • ブラックジャック
    • ポーカー
  • ボードゲーム
    • チェス
    • バックギャモン
    • チェッカーズ
  • クイズ番組(Jeopardy!)
  • 暗号解読
  • じゃんけん
特に競馬については、香港シンジケートの生い立ちが書かれています。
(香港シンジケートについては、「天才数学者はこう賭ける」にも少し出てきます)

1986年の論文を書いたBoltonとChapmanが結婚していたことはこの本で初めて知りました。
また、競馬のデータをコンピュータで処理させるのにパンチカードを使用していたことも、この本で知りました。論文を読み返すと、競馬新聞のデータを「assemble and code」するのに1レースにつき1時間掛かったということが書かれていました。作業時の光景が目に浮かぶようです。
1980年代前半だと、パーソナルコンピュータはまだ非力だったため、大学の計算センターの大型コンピュータを使ったのではないでしょうか?
ちなみに、ベースとなった離散選択理論の論文がダニエル・マクファデン(2000年のノーベル経済学賞を受賞)によって発表されたのが1974年。
日本でも、1980年代前半は、(パーソナルコンピュータではなく)大学のメインフレーム上でFORTRANのプログラムを動かし、離散選択モデルのパラメータ推定の計算をさせていたという記事を読んだ記憶があります。

ルーレットの攻略については、エドワード・ソープやドイン・ファーマーのエピソードが有名で、本書以外の本で読んだ人も多いと思います。
本書では、さらに、2004年にイギリスのリッツホテルのカジノが攻略されたエピソードが紹介されています。
やりすぎて、警察に通報されたとのこと。やはりカモフラージュは大事です。
現地では有名な事件だったようです。
下記のように、BBCなどの報道機関が記事にしています。

アイテム

  • pic3.JPG
  • pic2.JPG
  • pic1.JPG
  • NT_Chart20090313.JPG
  • NT_Log20090313.JPG
  • Handbook-of- Sports-and- Lottery- Markets.jpg
  • Efficiency-of-Racetrack-Betting-Markets.jpg
  • logo.JPG
  • web_api.JPG

タグクラウド